全1861文字
PR

 IDケースwith保存するメモの裏側のジョッターには、A4サイズのコピー用紙を3回折って挟み込む。どこにでもあるA4コピー用紙が、片面8ページ、両面で16ページのメモ用紙になるのだ。A4のコピー用紙であれば、スマホのカメラだけでなくスキャナーや複合機でも、書いたメモのデジタル化が容易だ。

 一般的なジョッターは、カード型の小さな紙を利用する製品が多い。A4コピー用紙を利用できるのは、IDケースwith保存するメモの特徴の1つだ。

重さ20グラム、厚さ4ミリと軽量コンパクト
重さ20グラム、厚さ4ミリと軽量コンパクト
(出所:バリューイノベーション)
[画像のクリックで拡大表示]

ベルトループに付ければ首周りのわずらわしさがない

 多機能とは視点が異なる製品もある。首からモノをかけるのが好きではない人もいるだろう。そうした人に適したIDカードホルダーが、コクヨの「trystrams(トライストラムス) IDカードホルダーSMOOTHSTYLE ループ縦」である。ベルトループなどに付けるタイプで、首からかけるわずらわしさが無い。

コクヨがtrystramsブランドで展開する「IDカードホルダーSMOOTHSTYLE ループ縦」。希望小売価格は1524円 (税別)。ブラック、カーキ、ライトブルー、ホワイトの4色
コクヨがtrystramsブランドで展開する「IDカードホルダーSMOOTHSTYLE ループ縦」。希望小売価格は1524円 (税別)。ブラック、カーキ、ライトブルー、ホワイトの4色
(出所:コクヨ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ストラップの代わりに約50センチメートルまで紐を伸ばせるリールが付いている。ベルトループに通して腰に装着しても、入館・入退室をはじめ大概の利用シーンに対応できるはずだ。筆者は試しに1週間使ってみたが、紐が届かないというケースは一度も無かった。

 背面には柔らかく弾性のあるエラストマーという素材を使用している。擦れたり物に当たったりした際の音や衝撃を抑える。腰に付けても、歩くたびに服のボタンや金具に当たってガシャガシャ音がすることは無い。ベルトループへの装着部分は手でパーツを回すねじ込み式なので、うっかりIDを落とす心配も無い。

 日々持ち歩くものだからこそ、機能や素材にはこだわりたい。ゴールデンウイーク(GW)に文房具店やホームセンターに足を延ばして、IDカードホルダーを新調してみてはいかがだろう。

大吉 紗央里(おおよし さおり)
ライター
ライター・編集者。1984年東京都生まれ。制作会社のディレクターを経て、2015年よりフリーランス。