全2221文字

比較2:夜景の撮影

 次に検証したのは夜景だ。ライトアップされた東京駅の駅舎を撮ってみた。三脚などを使わず、スマホを手持ちしてシャッターを押した。「夜景モード」など、夜景撮影に適したモードを備えている機種はそれを用いた。

 Pixel 3とMate 20 Proは、長時間露光とデジタル処理を融合させた「夜景モード」を備えている。これにより、一般的なスマホでは撮れないような、明るくきらびやかな夜景写真が撮れるのが魅力だ。もちろん通常モードで撮影すれば、明るさを抑えた写真が撮れる。

 iPhone XSやXperia XZ3は、きらびやかとまではいえないものの、十分な明るさで夜景を撮影できた。夜の暗さを生かした写真で撮れるので、こちらを好む人も少なくないだろう。iPhone XSは、建物本来の色に近い落ち着いた色調で撮れた。Xperia XZ3は空が暗く写り、最も夜らしさが伝わる写真になった。

iPhone XSで撮影。肉眼で見えるよりも少し明るめに撮れた
iPhone XSで撮影。肉眼で見えるよりも少し明るめに撮れた
[画像のクリックで拡大表示]
Pixel 3で「夜景モード」に設定して撮影。明るくきらびやかな写真が撮れた
Pixel 3で「夜景モード」に設定して撮影。明るくきらびやかな写真が撮れた
[画像のクリックで拡大表示]
Mate 20 Proで「夜景モード」に設定して撮影。シャッターを押した後、4秒ほどスマホを動かさないように、というガイドが出る。明るくシャープな画質で撮れた
Mate 20 Proで「夜景モード」に設定して撮影。シャッターを押した後、4秒ほどスマホを動かさないように、というガイドが出る。明るくシャープな画質で撮れた
[画像のクリックで拡大表示]
Xperia XZ3で撮影。「プレミアムおまかせオート」が「夜景」と認識。夜らしさが伝わる写真になった
Xperia XZ3で撮影。「プレミアムおまかせオート」が「夜景」と認識。夜らしさが伝わる写真になった
[画像のクリックで拡大表示]