全5523文字
PR

2018年末に「PlayStation 4(プレイステーション 4、以下PS4)」の累計実売台数が9160万台を突破したソニー・インタラクティブエンタテインメント (SIE、本社米カリフォルニア州サンマテオ市) 。競合他社が新しいゲーム機やサービスを発表するなか、SIEは今後どのような戦略を取るのか。日本とアジアにおけるパブリッシャーリレーションを統括し、SIEのジャパンアジアリージョンオフィスのSVPも務める植田浩氏に話を聞いた。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント ジャパンアジアパブリッシャー&ディベロッパリレーション部⾨SVP兼部⾨⻑ 植田浩氏
ソニー・インタラクティブエンタテインメント ジャパンアジアパブリッシャー&ディベロッパリレーション部⾨SVP兼部⾨⻑ 植田浩氏
(写真:栗原克己)
[画像のクリックで拡大表示]

まずSIEの国内戦略について聞かせてください。

ゲーム・プラットフォーマーとしては、ユーザーの期待が大きい有力タイトルの登場に合わせて、PS4を訴求し、さらなる普及を図ります。中でも2019年はまず9月に「モンスターハンター:ワールド」(カプコン)の大型拡張コンテンツである「モンスターハンターワールド:アイスボーン」がリリースされます。

カプコンの人気ゲーム「モンスターハンター:ワールド」の拡張コンテンツである「モンスターハンターワールド:アイスボーン」
カプコンの人気ゲーム「モンスターハンター:ワールド」の拡張コンテンツである「モンスターハンターワールド:アイスボーン」
2019年9月6日発売予定。©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
[画像のクリックで拡大表示]

 11月には当社から「DEATH STRANDING (デス・ストランディング)」を発売しますし、2020年3月には「FINAL FANTASY VII REMAKE(ファイナルファンタジーVII リメイク)」(スクウェア・エニックス)が登場します。これら注目タイトルに合わせた大掛かりなプロモーションも展開するつもりです。

SIEの「DEATH STRANDING (デス・ストランディング)」
SIEの「DEATH STRANDING (デス・ストランディング)」
コジマプロダクション開発の新作ゲームとして注目される。2019年11月8日発売予定。©Sony Interactive Entertainment Inc. Created and developed by KOJIMA PRODUCTIONS.
[画像のクリックで拡大表示]
注目タイトルの1つであるスクウェア・エニックスの「FINAL FANTASY VII REMAKE(ファイナルファンタジーVII リメイク)」
注目タイトルの1つであるスクウェア・エニックスの「FINAL FANTASY VII REMAKE(ファイナルファンタジーVII リメイク)」
2020年3月3日発売予定。© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA/ROBERTO FERRARI
[画像のクリックで拡大表示]

eスポーツの領域では「グランツーリスモSPORT」で自動車メーカーとコラボ

また、ゲームユーザー層の拡大に向けて、「eスポーツ」にも引き続き注力します。2019年9月28日から10月8日の日程で開かれる「いきいき茨城ゆめ国体2019」(第74回国民体育大会)では、文化プログラムとして「全国都道府県対抗 eスポーツ選手権2019 IBARAKI」が開催されます。当社の「グランツーリスモSPORT」も競技タイトルに選ばれました。

第74回国民体育大会のeスポーツ競技に選ばれた「グランツーリスモSPORT」
第74回国民体育大会のeスポーツ競技に選ばれた「グランツーリスモSPORT」
© 2017 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした大会にプレーヤーが参加すると、応援のために家族や友人が来場します。つまり、これまでゲームになじみがなかった人にも、ゲームやPS4と接点ができるのです。これは当社にとって大きなチャンスだと思っています。

eスポーツの現場を見て、どのようなことを感じていますか?

子どもたちにゲームで将来の夢を見てもらえるようになったと感じます。昨年の「東京ゲームショウ2018」の会場にも、海外の有名ゲーマーの来日情報を把握して観戦に来る子どもたちの姿がありました。eスポーツの存在が知れ渡っていくなかで、プロゲーマーも子どもたちが憧れる職業の1つになってきているように思います。

 また、実況がある大会とない大会で、会場の盛り上がり方がまるで違ってくるのも面白いですね。解説のあるなし、解説者の巧拙で、大会の空気が変わる。ゲーム実況というものが、動画コンテンツも含めて、eスポーツでよりメジャーになって、ゲームの楽しみ方にますます広がりが出てきました。