PR
全2190文字

 今回は、部下が問題に直面すると思考停止してしまうという悩みを持つ営業企画部チームリーダーの石井(仮名)さんからの相談です。

 私の部下の上田君(仮名)は、計画を立てて実行してもなかなかうまくいかないことに、焦りを感じているようです。PDCAを回すことは、頭では理解しているらしいのですが、計画を実行する段階で、難しいと感じる問題に直面すると、この問題にどう対処したらいいのだろうかと悩んでいるだけの「思考停止」状態に陥ってしまうというのです。どうしたらよいでしょうか。

 目標に向けて行動するときには、どうしても予期しない問題が発生します。しかも、明確な問題として見えないことも少なくありません。

 もう一歩前に進みたいのに何かが足りない、何だかうまくいっていない──。こんなときに有効なのは、行動の前提をゼロベースで考え直す「ダブルループ学習」という思考法です。

シングルループ学習とダブルループ学習

 米国の組織心理学者クリス・アージリスとドナルド・ショーンは、組織における学習プロセスには「シングルループ学習」と「ダブルループ学習」の2つの形態があることを提唱しました。

 シングルループ学習とは、確定した目標に対して、既存の考え方や行動の枠組みの範囲で、結果の改善を考えることです。

 ダブルループ学習とは、目標や前提となる枠組み自体を疑い、新たな考え方や行動を取り込んで改革していくことです。

 2つの思考の違いは、エアコンの温度センサーの例えを使って説明されています。

 シングルループ学習とは、部屋が寒すぎたり、暑すぎたりする状態を温度センサーが感知し、冷暖房のオンかオフのスイッチを入れることによって状況を改善することと同じです。私たちは何か問題が生じれば、それを解決するための行動をとります。間違いがあったら、それを修正しようとするのです。

 一方、そもそもの温度設定に疑問を持って試してみるのが、ダブルループ学習です。部屋の温度はそもそもなぜ25度に設定されているのだろうか、25度は最適な温度なのだろうか、エアコンを使わずに窓の開閉だけで対応できるか、と考えるのが、ダブルループ学習の思考法です。温度センサー自体の意味や必要性を問いただすことだといえます。

 私たちは、「きっとこうだろう」という思い込みに基づいて行動を起こします。その思い込み(前提)が正しいかどうかを検証することで、より深く、失敗の原因を解明することができるのです。

 ビジネスシーンでいえば、予算や納期などの条件を理解し、制約の範囲内で対応するのがシングルループ学習。何をどこまでどのように取り組むかという要件を見直し、仕事の質を抜本的に高めようとするのが、ダブルループ学習ということになります。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い