全2091文字
PR

 今回は、部下がいつも指示待ちという悩みを持つ渡辺チーフ(仮名)からの相談です。

 入社3年目の石井さん(仮名)のことで困っています。部下の石井さんは指示した仕事はテキパキこなします。でも、その業務が終わると、何もせずぼんやり……。私(渡辺チーフ)は自分の業務もかなり忙しく、なかなかきめ細かな指示が出せません。石井さんももう3年目なので、指示がなくても自主的に課題に取り組んでほしいのです。どうすれば自ら動いてくれるでしょうか。

 指示を待っているだけで自分で考えて動かない。会議でほとんど発言せず、やる気が感じられない。悪い報告はいつもギリギリになってしてくる……。あなたの周りにこんな人はいませんか。

 上司は自分の仕事を抱えながら、部下の育成も行わなければなりません。仕事が忙しくなって上司に余裕がなくなると、上司と部下との間のコミュニケーションが減ってしまいます。そうして上司と部下との間に溝ができてしまうと、簡単な業務連絡ですら伝わりにくくなります。

部下との関わり方を変える

 部下とのコミュニケーションの量が減ると、上司は部下の状況を把握できず、適切な指導ができなくなります。部下の状況が分からないまま、部下のできないことを指示してやらせようとすれば、部下は上司の指示通りに動くことができません。

 また、部下が勝手に仕事を進めてミスをした場合などは、感情的に叱ってしまうことがあるかもしれません。しかし、そうしてしまうと部下は萎縮してしまい、自ら考えて仕事に取り組む意欲をなくしてしまいます。そうなると、部下のモチベーションはますます下がってしまうでしょう。

 上司は、部下との関わり方を見直して、部下が自ら考えて動き出せるようにしていく必要があるのです。

自律的に動く部下を育成するポイント
自律的に動く部下を育成するポイント
(作成:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]