全2356文字
PR

 今回は、部下がついてこないと悩んでいるリーダーの小林さん(仮名)からの相談です。

 自分で言うのも何ですが、私は仕事ができるという評価を受けています。しかし、チームの仕事が思うように進まず、なかなか成果を挙げることができません。リーダーとしてチームを引っ張っているつもりなのですが、部下が思うように動いてくれないのです。気が付くと「最近の若いやつは……」などと独り言をつぶやいています。どうすれば部下が付いてきてくれるでしょうか。

 リーダーシップをしっかり発揮しているつもりなのに、メンバーが思うように付いてきてくれない、という経験はないでしょうか。組織の生み出す結果に対し、リーダーが与える影響力は1~2割、メンバーが及ぼす影響力は8~9割といわれています。

 優れたリーダーの下には、必ず優れたフォロワーがいます。いくら優れたリーダーが改革を始めても、支えてくれるフォロワーの貢献がなければ、やり遂げることができないのです。

フォロワーシップとは

 フォロワーシップとは、フォロワー(部下、リーダーを支援する人)が自律的・主体的に考えて行動し、リーダーを支えて組織の成果の最大化に貢献することです。リーダーがリーダーシップを発揮し、メンバーがフォロワーシップを発揮することで、組織のパフォーマンスを最大限に発揮することができるのです。

 リーダーがどんなに素晴らしいビジョンを示したとしても、メンバーがそれを共有して、具現化することができなければ成果につながりません。また、リーダーの判断に対して、メンバーが常に従順に従うだけであれば、チームが誤った方向に進んでいても、誰も止めることができなくなってしまいます。

 組織力の向上はリーダーの資質だけではなく、メンバー全員がフォロワーシップをどれだけ発揮できるかにかかっているのです。

フォロワーシップを発揮できる組織づくりのポイント
フォロワーシップを発揮できる組織づくりのポイント
(作成:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

フォロワーの5タイプ

 米国カーネギーメロン大学のロバート・ケリー教授は、フォロワーを5つにタイプに分類しています。

[1]模範的フォロワー

 自らの考えで自主的に行動し、組織を活性化することができるタイプです。上司にも積極的に働き掛ける理想的なフォロワーです。

[2]孤立型フォロワー

 批判的、建設的な考えを持っていますが、チームのために積極的に動きません。そのため、組織では孤立しがちです。

[3]順応型フォロワー

 自発的に意見を述べることはないものの、言われたことはきちんと行動するタイプです。指示通りに動いてくれる「イエスマン」なので、リーダーからは重宝されます。

[4]消極的フォロワー

 自ら考えることなく、指示されたことを最低限こなすだけのフォロワーです。組織に在籍してはいるものの、存在価値を発揮することができていません。

[5]実務型フォロワー

 自らの業務の範囲内では責任を持ち、フォロワーシップを発揮します。失敗を恐れて、自ら進んでチャレンジしようとまではしない現実主義者です。

 これらのタイプは、フォロワー個人の本質的な性質を示すものではありません。フォロワーが置かれた環境によって行動は変化します。組織能力を向上させるためには、メンバーの状況を把握して、理想のフォロワーシップが発揮できるように改善していきましょう。