全2508文字
PR

 あるグループをまとめている永野主任(仮名)からの悩みです。

 うちのメンバーは、日常業務についてはそつなくこなしています。でも最近、仕事に対して、やる気がないメンバーが増えてきたように感じています。言われたことしかせずに、後は雑にこなしているように見えます。最低限の仕事はしているので、私もあまり強くは言えませんが、皆がもっとやる気を持ってくれれば、もっと良い結果が出せると思うのです。そういえば、最近、職場に活気もありません。私は、どのように対応していけばよいのでしょうか。

 チームをまとめていかなければならないリーダーにとって、メンバーのモチベーションを維持するのは大きな課題の1つです。チームに1人でもやる気がないメンバーがいれば、一緒に働くメンバー全員のモチベーションが下がる可能性もあります。結果的に優秀なメンバーが辞めてしまったり、チームや会社全体の業績に影響してしまったりすることも起こり得ます。 

「もっとメンバーのモチベーションを高めたい」「活気のある職場風土をつくりたい」と考えるリーダーは多いでしょう。メンバーのモチベーションを高めたり、働きやすい職場をつくったりするために、リーダーはどうすればよいでしょうか。

マズローの欲求5段階説とは

 米国の心理学者アブラハム・マズローによって提唱された「マズローの欲求5段階説」というものがあります。人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されているとする心理学理論です。5つの欲求は階層構造になっており、低次の欲求が満たされると、1段階上の欲求が高まり、その欲求を満たすための行動を起こすようになるといわれています。

  • 第1段階:生理的欲求
    生きていくために必要な基本的・本能的な欲求
  • 第2段階:安全欲求
    心身共に健康でかつ経済的にも安定した暮らしをしたいという欲求
  • 第3段階:社会的欲求
    友人や家庭、会社から受け入れられたいという欲求
  • 第4段階:承認欲求
    他者から尊敬されたい、認められたいという欲求
  • 第5段階:自己実現欲求
    自分の人生観に基づいて「あるべき自分」になりたいと願う欲求
[画像のクリックで拡大表示]

 このマズローの欲求5段階説をチームづくりに活用する際には、次の3つのステップを考えます。

  • (1)メンバーの欲求がどの段階かを知る
  • (2)段階に応じたアプローチを行う
  • (3)自己実現に向けた行動を促す

 メンバーが仕事に対して何を求めているかを把握し、それぞれの状況に応じたアプローチでモチベーションを引き出していきましょう。