全2894文字
PR

 自分にはリーダーシップがないのではないかと悩んでいる志村リーダー(仮名)からの相談です。

 最近、私はリーダーとしての限界を感じています。なかなかチームの成果が出ず、チームの雰囲気も暗くて、メンバーもうまく育っていません。チームがうまくいかないのは、私にリーダーシップがないからなのでしょうか。そもそも、私は上に立つタイプではないのではないかと思ってしまいます。私はこれからどのように行動すればよいでしょうか。

 リーダーの皆さんに「リーダーとはどのような人だと思いますか」と尋ねると、「チ―ムのメンバーを力強く引っ張っていく人」「先見性を持ち、いつも率先して成果を上げる人」「メンバーから尊敬され、信頼されている存在の人」といった答えが返ってきます。しかし、自分にはそのような資質がないのではないかと不安を感じている人もいることでしょう。

 これまでは、経験豊富なリーダーが新たなビジョンを描き、指示・命令によってチームを率いることで成果を上げることができた時代でした。しかし、現在のように先の読めない環境の上に、個人の価値観が複雑かつ多様化した社会では、突き進んでいくリーダーを周囲が支えていくという組織ではなく、メンバー全員が変化を読んで、どのように目標を達成するかを考える組織が必要になります。

 それを可能にする1つの方法がサーバントリーダーシップです。

サーバントリーダーシップ実践のコツ
サーバントリーダーシップ実践のコツ
(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

サーバントリーダーシップとは

 サーバント(servant)には「奉仕する人」という意味があります。サーバントリーダーシップとは、米国のロバート・K・グリーンリーフ博士が提唱した、まず相手に奉仕し、その後で相手を導くという考えの下に生まれた「支援型リーダーシップ」です。

 これまでの支配型リーダーが、リーダーの命令が絶対であるとして行動する「前から引っ張るリーダー」であるとすれば、サーバントリーダーは、メンバーとは協力関係にあるとする「後ろから支えるリーダー」といえます。

 サーバントリーダーは、メンバーに奉仕の気持ちを持って接し、その能力を最大限に発揮できるように導きます。組織としてのビジョンやミッション、戦略を明確に提示し、メンバーを信頼してその能力を認めて、互いに協力し合いながら個の成長と組織全体の成長を促すことに重点を置いて行動します。

 サーバントリーダーシップで組織を運営すると、どのような効果を得られるのでしょうか。

 リーダーがメンバーの話にしっかりと耳を傾けるとともにメンバーの自主性を尊重すれば、互いに信頼関係が生まれ、チームとしての一体感が形成されます。メンバーが大切にしてもらえていると実感できると、自らの責任意識も生まれ、考え方や行動の質も変わってきます。メンバーが自主的に行動するようになれば、組織としての成果を導きやすくなり、目標の達成により早く近づくことができます。

サーバントリーダーに求められる10の特性とは

 グリーンリーフセンターの元所長、ラリー・スピアーズ氏が定義した「サーバントリーダーの10の特性」は、着実に訓練すれば、誰でも身に付けることができるといわれています。

[1]傾聴:相手の話に耳を傾け、相手の考えや意見を聞き出す

[2]共感:相手の立場に立って考え、相手の気持ちを理解して共感する

[3]癒やし:欠けているところを見つけて、補い合えるようにする

[4]気づき:物事を敏感に感じ取り、その本質を捉える。相手に気づきを与える

[5]説得:相手を服従させるのではなく、相手の同意を得ることで説得を促す

[6]概念化:将来を見据えた大きなビジョンを持ち、相手に分かりやすく伝える

[7]先見力:過去の教訓や現在の状況から、将来の展望を予測する

[8]執事役:自分の利益よりも相手の利益を考えて行動することに満足を感じる

[9]人々の成長に関わる:相手の可能性に気づき、その成長を促すことに関わる

[10]コミュニティーづくり:メンバー1人ひとりが成長できる協働の場を創り出す