全2592文字
PR

 システム開発部課長の相原さん(仮名)からの相談です。

 新型コロナウイルス禍以降、全社でテレワークが導入されました。在宅勤務も認められ、部下とのやり取りはメールやオンライン会議が中心です。部下とオフィスで直接話す機会がめっきり少なくなってしまい、部下の仕事ぶりもよく見えなくなってしまいました。私が部下へメールで指示を出したとき、部下から返事がなかなかこないと、「内容がちゃんと伝わっているのか」「指示したことをやってくれているのか」と不安になってしまいます。テレワーク下では、これまでのリアルな職場でのコミュニケーションと同じようにはいかないことは分かっているつもりなのですが……。メンバーとどのようにコミュニケーションを取っていけばよいのか悩んでいます。

 テレワークにおける職場のコミュニケーションにおいて、部下の立場からは、次のような課題が考えられます。まず、上司に相談するタイミングがつかみにくいことがあります。オフィスに出社して仕事をする場合には、周りに上司や同僚がいるため、相手の状況を確認しながら報告や相談ができます。テレワークでは相手がいま何をしているかが見えないので、相談してよいのかどうか、どのタイミングで話せばよいかと迷ってしまい、その結果、業務効率が悪くなってしまいます。

 オンライン会議では、業務に直接関係する話題以外を話しにくくなります。同じ場所にいれば、業務に直接関係しない話題が多く生まれます。実際にチームワークの良いチームは、雑談を積極的に取り入れています。しかし、オンラインでは雑談のような気軽なコミュニケーションが難しくなる傾向があります。

 さらに、チーム内の意思疎通が図りにくいという課題がみられます。テレワークでは、オンライン会議ツールなどを活用しない場合は、メールやチャット、電話を介してコミュニケーションを取ります。顔を合わせていれば表情や雰囲気などから読み取れるはずの情報が見えないため、相手の反応が分からず、不安になる場面が増えてしまいます。意思疎通が図りにくくなると、チームワークにも悪い影響を及ぼします。

 テレワークによって互いが離れた場所におり、チームとして仕事をするという状況で安心して働くためには、「心理的安全性」をいかに確保するかが大切になります。

(出所:日経クロステック)
(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]