全3492文字

デスクトップ上のガジェットも廃止

 Windows 7のデスクトップ画面にあった「ガジェット」も、Windows 8から廃止されており、Windows 10では利用できない。ガジェットの脆弱性を悪用されると、第三者が任意のコードをリモートで実行できる状態となり、乗っ取られる危険性があるためだという。マイクロソフトはWindows 7のガジェットも廃止するとアナウンスしており、既に更新が終了している。

 ガジェットのような柔軟さはないが、Windows 10には通知の表示や画面の明るさや表示モードをワンクリックで切り替えられる「アクション センター」が追加されている。

Windows 7のガジェット。デスクトップに時計やカレンダー、CPUの使用率などを表示できたが、Windows 8で廃止された
Windows 7のガジェット。デスクトップに時計やカレンダー、CPUの使用率などを表示できたが、Windows 8で廃止された
[画像のクリックで拡大表示]
「アクション センター」は通知領域の時計の右側にあるアイコンから表示できる
「アクション センター」は通知領域の時計の右側にあるアイコンから表示できる
[画像のクリックで拡大表示]

Microsoft Storeからインストールするアプリがある

 Windows 10とWindows 7ではWindowsの設定画面も大幅に異なる。Windows 7までは「コントロール パネル」を使っていたが、Windows 10では「設定」アプリに変更されている。「システム」や「デバイス」などの項目はコントロール パネルと似ているが、表示画面が大幅に異なる。互換性を保つため従来通りコントロール パネルも残されているが、スタートメニューにある「Windows システム ツール」の奥深いところにあり、「設定」アプリと比べると起動するのが面倒だ。

「設定」は、スタートメニューの歯車アイコンから起動できる(画面左)。以前のコントロール パネルも残されており、一部の設定画面はコントロール パネルからでしか開けない
「設定」は、スタートメニューの歯車アイコンから起動できる(画面左)。以前のコントロール パネルも残されており、一部の設定画面はコントロール パネルからでしか開けない
[画像のクリックで拡大表示]

 Windowsで動作するアプリも異なる。Windows 10は「デスクトップ アプリ」と呼ぶ従来のWindowsのアプリだけでなく、Microsoft Storeからインストールできるアプリも加わっている。これらのアプリは「ストア アプリ」と呼ばれることがある。

 ストア アプリはWindows 8から加わった機能だが、iPhoneにおける「App Store」やAndroidの「Google Play」のように、カタログページや検索結果からアプリを選びインストールする仕組みだ。従来のデスクトップ アプリのように、いちいちインストーラーを起動する必要がない。

 アプリをMicrosoft Storeに登録するには、開発者のアカウント登録や認証試験が必要となる。提供者の身元がはっきりしていて、マイクロソフトの認証試験に合格しない限りMicrosoft Storeには登録されない。そのためマイクロソフトは、デスクトップ アプリよりも安全に利用できるとしている。

Windows 10では、Microsoft Storeからインストールするアプリも動作する。デスクトップ アプリよりもインストールが楽で、セキュリティーも高い
Windows 10では、Microsoft Storeからインストールするアプリも動作する。デスクトップ アプリよりもインストールが楽で、セキュリティーも高い
[画像のクリックで拡大表示]