全3401文字
PR

 2019年5月10〜15日に神奈川県の三浦半島でANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会が開かれた。同地での開催は3度目で、最新技術を使って競技を分かりやすく伝える工夫は2018年から着実に進化した。主催者発表で累計約9万人を集めた大規模な大会を通じて、さらなる発展の可能性が浮かび上がるとともに、マイナースポーツならではの厳しさも見えてきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料