PR
全2340文字

 これまで高額なモーションキャプチャー(モーキャプ)装置を使ってしかできなかった、速く複雑に動くスポーツの動作解析が“民主化”されようとしている。

 アシックスと、着るタイプのウエアラブルセンサーを開発するXenoma(ゼノマ)は、着て投げるだけで投球動作を解析できる「投球動作解析 e-skinシャツ」を開発した。ゼノマは衣服に形成する変形・伸縮が可能な電子回路技術を有する、東京大学発のベンチャー企業である。

アシックスとXenomaが開発した、着て投げるだけで投球動作を解析できる「投球動作解析 e-skinシャツ」。見えている銀色の部分は配線ではなく絶縁材で、その下の凹凸部分が配線。そして配線のない部分が歪みセンサーである。例えば、手首に近い部分や肋骨の下あたりに斜めに張り付けてあるのがそれだ
アシックスとXenomaが開発した、着て投げるだけで投球動作を解析できる「投球動作解析 e-skinシャツ」。見えている銀色の部分は配線ではなく絶縁材で、その下の凹凸部分が配線。そして配線のない部分が歪みセンサーである。例えば、手首に近い部分や肋骨の下あたりに斜めに張り付けてあるのがそれだ
(写真:アシックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 同シャツは、体の動きを計測するモーション(慣性)センサーや関節部位の動きを計測する歪み(ストレイン)センサーを搭載しながら、着心地の良さと優れた洗濯耐久性を確保した点が特徴としている。

 開発では、アシックスのスポーツ工学研究所が有する人の動きに関する豊富な知見や、今回蓄積した動作時の皮膚の歪みデータを活用し、投球動作解析に特化したウエアに仕上げた。計測を通じて得られる関節の角度や角速度などのデータから、野球指導の現場で投球において重要とされる「身体の開き」や「胸の張り」などを評価できるという。

e-skinシャツを着て投球練習をしている様子。モーキャプと異なり、場所を選ばずに測定できる
e-skinシャツを着て投球練習をしている様子。モーキャプと異なり、場所を選ばずに測定できる
(写真:アシックス)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い