PR
全1897文字

 2019年12月19日、英プレミアリーグ・リバプールFCにオーストリアのレッドブル・ザルツブルクに所属する日本代表の南野拓実選手が加入することが発表された。2019年のUEFAチャンピオンズリーグのチャンピオンであるリバプールFCに、日本人選手が加入するのは初めてのことである。

 実はリバプールFCを所有するのは、米のスポーツ投資会社であるフェンウェイ・スポーツグループ(FSG)。米メジャーリーグ(MLB)の人気チームのボストン・レッドソックスなど、多数のスポーツチームやネットワークを所有・運営する。

 2019年7月に開催されたスポーツ産業の総合カンファレンス「SPORTS X Conference 2019」では、FSGに所属する吉村 幹生氏(フェンウェイ・スポーツグループ ボストン・レッドソックス/リバプールFC アジア事業戦略担当 兼 広報 グローバルパートナーシップ営業責任者(日本))が、「“CAN JAPAN COMPETE?”レッドソックス&リバプールFCスポンサーシップ~フェンウェイスポーツが描くこれからのグローバル事業戦略とは?~」と題して講演した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い