PR
全2117文字

 水泳のトレーニングを向上する目的で開発された、MR(複合現実)ゴーグルとAI(人工知能)を使ったアプリが注目を集めている。

FORMのAR機能搭載水泳用ゴーグル「FORM Swim Goggles」を着けて泳いているスイマー
FORMのAR機能搭載水泳用ゴーグル「FORM Swim Goggles」を着けて泳いているスイマー
(写真:FORM)
[画像のクリックで拡大表示]

 スポーツテクノロジー企業の米FORM(フォーム)が2019年8月に米国とカナダで販売を開始したのが、AR機能搭載の水泳用ゴーグル「FORM Swim Goggles」だ。一見、普通の水泳用ゴーグルに見えるものの、片方の外側がボックス状になっているのが特徴。この部分には、導光板ディスプレー、センサー、ジャイロスコープ、バッテリーなどが搭載されている。

 装着すると通常のゴーグルのように外の様子が見えるが、ボックスの付いた側ではディスプレーの情報も映し出されるようになっている。現実の映像とディスプレーが同時に見えるのでMRに近いともいえるし、飛行機や自動車で採用されているHUD(ヘッドアップディスプレー)に近いともいえる。

FORM Swim Gogglesに映し出された情報。2行で、上には常にタイムが、下には距離やスプリット時間、ストローク率、カロリーなどを選択して表示できる
FORM Swim Gogglesに映し出された情報。2行で、上には常にタイムが、下には距離やスプリット時間、ストローク率、カロリーなどを選択して表示できる
(写真:FORM)
[画像のクリックで拡大表示]
専用アプリの画面
専用アプリの画面
(図:FORM)
[画像のクリックで拡大表示]

 映し出される情報は2行で、上には常にタイムが、下には距離やスプリット時間、ストローク率、カロリーなどを選択して表示できるようになっている。1回の充電で約16時間動作し、上下逆でも使える設計になっているため、左右どちらの目でも利用可能だ。

 ゴーグルは、AndroidもしくはiOS用FORM Swimアプリに接続してセットアップし、利用する。同アプリはソーシャルプラットフォームとしても機能し、複数のユーザーでデータを共有したり、フェイスブックなどにも接続できる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い