PR
全2171文字

 当初は「優秀な秘書」だったのが、家族同然の存在になっていく…。

 2019年5月7日~9日(米国時間)に開催された米グーグルの開発者会議「Google I/O 2019」で、AI(人工知能)をフル活用した同社の中核サービスの1つ「Googleアシスタント」の進化シナリオが見えてきた。

 グーグルが2016年に発表したGoogleアシスタントは、3年後の2019年現在で80カ国30言語に対応、世界10億台超の機器に組み込まれるに至った。当初からマルチプラットフォームを前提に開発した結果、現在はAndroid OSのほか、iOS、Google Homeなどのスマートスピーカー、テレビ、ヘッドホン、Chromebookなどに対応する。特にモバイル、自動車、家庭内の3分野への導入に注力している。

大事な人、場所、時間を理解する存在に

 Googleアシスタントはこれまで音楽再生やニュース読み上げのほか、GmailやGoogleカレンダーと連動し、主にスケジュール管理を中心に機能を拡充させてきた。つまり秘書としての優秀さに磨きをかけてきた。

 数カ月中に米国で配布を始める次世代のGoogleアシスタントは、この位置づけが変わる。家族同然のパートナーとしての役割が付加される見込みだ。

 「ユーザーの人生にとって大事な人、場所、時間を理解するようになる」と、プレス向け説明会に登壇したグーグル Director, Product Management and Head of Emerging Markets and Automotiveのオースティン・チャン(Austin Chang)氏は開発のコンセプトを語る。

米グーグル Director, Product Management and Head of Emerging Markets and Automotiveのオースティン・チャン(Austin Chang)氏
米グーグル Director, Product Management and Head of Emerging Markets and Automotiveのオースティン・チャン(Austin Chang)氏
[画像のクリックで拡大表示]

 Google I/Oの基調講演で紹介されたGoogleアシスタントの新機能の1つに、「母さん」「妹」などの言葉を交えて指示が出せるようになったことがある。

 例えば「ヘイ、グーグル。母さんの家周辺の週末の天気は?」といった問いに対して、Googleアシスタントはユーザーの母親の住所を踏まえて天気予報を返答できる。

 この機能は、ただ利便性を高めるだけではない。「Googleアシスタントとの会話がとても自然(Natural)になる」と、チャン氏は狙いを語る。家族同然のパートナーとの会話で、いちいち母親の名前や住所を指定して天気を聞いたりしない、というわけだ。

 「母親の住所」のようなパーソナル情報を理解するため、次期Googleアシスタントは設定に「You」のタブを新設する。家族や親友の情報、重要な場所とよく使う移動手段、好きなメディア、好きな食べ物や飲み物などを保存する。記録済みの情報をユーザーが修正するもこと可能で、「欧州の一般データ保護規則(GDPR)にも準拠する」(チャン氏)。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い