PR

 シャープとソニーモバイルコミュニケーションズは、国内での5G(第5世代移動通信システム)商用サービス開始に合わせ、相次いで5Gに対応するスマートフォンやモバイルルーターを発表している。ともに5Gの高いネットワーク性能を生かす機能に力を入れた「王道」というべきフラッグシップのスマートフォンを投入しているが、両社の戦略を見る上でより注目すべきなのは、むしろフラッグシップ以外の5G対応端末である。

シャープのフラッグシップ機「AQUOS R5G」は8Kに注力

 5Gの商用サービスは国内ではNTTドコモが2020年春、KDDIとソフトバンクが2020年3月のサービス開始を予定しており、まさに秒読み段階に入ったといえるだろう。そうしたことから国内のスマートフォンメーカーも、5Gに対応する端末を投入する動きを見せている。

 その1社がシャープだ。シャープは2020年2月17日に新製品発表会を実施し、5Gに対応した端末を発表した。中でも注目を集めたのはスマートフォンの「AQUOS R5G」である。

シャープの5G対応スマートフォン「AQUOS R5G」。4つのカメラを搭載し、8Kの映像撮影に対応しているのが大きな特徴だ。写真は2020年2月17日のシャープ新製品発表会より(筆者撮影)
シャープの5G対応スマートフォン「AQUOS R5G」。4つのカメラを搭載し、8Kの映像撮影に対応しているのが大きな特徴だ。写真は2020年2月17日のシャープ新製品発表会より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 AQUOS R5Gは同社のフラッグシップモデルの1つ「AQUOS R」シリーズの最新モデルであり、なおかつ同社初の5G対応スマートフォンとなる。フラッグシップモデルだけあって、米クアルコム(Qualcomm)のハイエンド向けチップセット「Snapdragon 865」を搭載するなど非常に高い性能を備えているのだが、最も力を入れているのはカメラだ。

 実際AQUOS R5Gには、1200万画素の広角カメラと望遠カメラ、4800万画素の超広角カメラ、そして被写体との距離を測るToF(Time Of Flight)カメラの4つを搭載。3つのカメラを切り替えて多彩な撮影シーンに対応できるのはもちろんだが、最大の特徴は超広角カメラにある。

 というのもこの超広角カメラは非常に多い画素数を生かし、4個の画素を1個として扱うことで高感度撮影ができることに加え、8Kの動画撮影にも対応しているのだ。それゆえ5Gの高速大容量通信を活用し、8Kの映像をスマートフォンだけでなく、テレビやパソコンなど幅広いデバイスで活用できることが、大きな特徴となっている。

 一方で、AQUOS R5Gのディスプレー自体は8K対応の解像度を持っていないことから、そうしたディスプレーでも8K映像を有効活用する仕組みとして、「8Kフォーカス再生」という機能を導入している。これは特定の被写体だけを追従して拡大しながら再生するというもの。8Kの高い画素数を生かすことで、その中に映っている特定の人物などにフォーカスしながらも、映像が粗くなることなく再生できることが大きなポイントとなるようだ。

8K映像を端末上で活用するための機能である「8Kフォーカス再生」。解像度の高さを生かして特定の被写体だけにフォーカスした再生が可能である。写真は2020年2月17日のシャープ新製品発表会より(筆者撮影)
8K映像を端末上で活用するための機能である「8Kフォーカス再生」。解像度の高さを生かして特定の被写体だけにフォーカスした再生が可能である。写真は2020年2月17日のシャープ新製品発表会より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]