PR

 2020年4月24日、米アップル(Apple)の新しいスマートフォン「iPhone SE(第2世代)」の国内販売が始まった。最新のチップセット「A13 Bionic」を搭載しながら、最も安いモデルで4万円台とコストパフォーマンスが極めて高いことで注目されている新iPhone SEは、低価格モデルに力を入れる他のスマートフォンメーカーにとって明らかに脅威だ。ライバルメーカーが新iPhone SEに対抗する術はあるのだろうか。

2020年4月24日に発売された新「iPhone SE」は、「iPhone 8」をベースに最新の「A13 Bionic」を搭載し、性能を大幅に向上しながらも、4万円台から購入できる安さで注目されている
2020年4月24日に発売された新「iPhone SE」は、「iPhone 8」をベースに最新の「A13 Bionic」を搭載し、性能を大幅に向上しながらも、4万円台から購入できる安さで注目されている
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

最新チップセット搭載で4万円台を実現

 新型コロナウイルスの影響で新製品発表会などがほとんど実施されなくなって久しい中、大いに注目を浴びたのが新しいiPhone SEだ。iPhone SEはコンパクトで低価格なことから、2016年の発売から息の長い人気製品だが、長らく後継機種が投入されてこなかっただけに、今回の新機種投入には大きな驚きがあった。

 特に注目されたのはコストパフォーマンスの高さだ。新iPhone SEはiPhone 8をベースに開発されているが、プロセッサーに「iPhone 11」シリーズと同じ最新の「A13 Bionic」を搭載した。処理性能やカメラ機能などを大幅に向上しながら、最も安い64GBのモデルでは4万4800円(税別)と、iPhoneシリーズの中では非常にリーズナブルな価格を実現している。

人気モデルとなる可能性、それを裏付ける携帯3社の発売延期

 とりわけ日本ではiPhoneの人気が高いことから、近年高額化が進んでいたiPhoneの中にあって、手ごろな価格で購入でき、なおかつ日本人が好むコンパクトさを重視した新iPhone SEはヒットする可能性は高い。そのことを示しているのが、携帯電話事業者の新iPhone SEの販売延期である。

 新iPhone SEは、Apple Storeや一部家電量販店などでは当初の予定通り2020年4月24日に発売されたのだが、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3社からの発売は2020年5月11日に延期されている。それは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、携帯電話ショップに多くの人が訪れないよう政府から要請されたことが背景にある。

 つまり新iPhone SEを予定通りに販売すれば、多くの人がショップに訪れてしまい新型コロナウイルスの感染拡大につながる可能性が高まると考え、3社は販売延期に踏み切ったわけだ。それだけ3社は、新iPhone SEが人気モデルとなる可能性が高いと踏んでいるのだろう。