PR

 2019年12月9日、中国のスマートフォン大手であるシャオミ(小米技術)が日本市場への参入を発表。1億800万画素のカメラなど5つのカメラを搭載した最新モデル「Mi Note 10」「Mi Note 10 Pro」の他、スマートフォンで遠隔操作できる炊飯器など、スマートフォン以外の商品も投入してインパクトを打ち出した。だが発表内容を見ると日本市場で成功を収めるには課題も多いように感じる。

シャオミが日本市場参入第1弾として投入を発表した「Mi Note 10」。5つのカメラを搭載するなど、カメラ機能に力を入れているのが特徴だ。写真は2019年12月9日のシャオミ記者説明会より(筆者撮影)
シャオミが日本市場参入第1弾として投入を発表した「Mi Note 10」。5つのカメラを搭載するなど、カメラ機能に力を入れているのが特徴だ。写真は2019年12月9日のシャオミ記者説明会より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

日本進出の第1号機はカメラと価格にインパクト

 中国で高性能ながら低価格なスマートフォンを販売することで急成長した新興のスマートフォンメーカー、シャオミ。新興国で事業を拡大するなどして世界出荷台数第4位のスマートフォンメーカーに成長した。最近ではスマートフォンだけでなく、家電など様々な製品も手掛けるなどして事業拡大を加速している。

 そのシャオミが2019年9月に、日本向けの公式Twitterアカウントを開設。2019年11月には同社の幹部が日本市場への参入を認めたことで大いに注目を浴びた。2019年12月2日には公式Twitter上で2019年中の日本市場参入を表明。2019年12月9日に新製品発表会を実施し、正式に参入を果たすこととなった。

 その発表会の場で日本市場への投入が打ち出されたのが、同社の最新スマートフォンのMi Note 10とMi Note 10 Proである。両機種はともに、1億800万画素という非常に高い画素数を誇るイメージセンサーを搭載し、高精細な写真を撮影できることで発表当初より世界的に注目されたモデルだ。

 しかも両機種は、500万画素の望遠カメラや2000万画素の超広角カメラ、200万画素のマクロカメラなど、合計で5つのカメラを搭載。幅広い撮影シーンに対応できるようになっており、カメラの性能に力を入れていることが分かる。またMi Note 10 Proはメインカメラに8枚のレンズを搭載し、カメラの性能が一層強化されているという。

Mi Note 10は1億800万画素のカメラを搭載。その画素数をフル活用できる「108M」モードを使うことで、拡大しても細部まで再現できる高精細な写真の撮影が可能だ。写真は2019年12月9日のシャオミ記者説明会より(筆者撮影)
Mi Note 10は1億800万画素のカメラを搭載。その画素数をフル活用できる「108M」モードを使うことで、拡大しても細部まで再現できる高精細な写真の撮影が可能だ。写真は2019年12月9日のシャオミ記者説明会より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つ、注目されたのは価格だ。いずれもSIMロックフリースマートフォンとして販売されるが、これだけのカメラ性能を備えながらもMi Note 10は価格は5万2800円、Mi Note 10 Proも6万4800円と、かなりリーズナブルな価格に抑えられているのだ。

 もっとも両機種はチップセットにハイエンドモデル向けの「Snapdragon 855」ではなく、ミドルクラスよりやや上のモデルに向けた「Snapdragon 730G」を採用するなど、性能面でメリハリを付けてある程度価格を抑えた工夫がうかがえる。だがそれでも、値引きなしで5万円台というのはお得感が高いことに間違いない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い