全1792文字

 日常会話では相手との関係性で、敬語と「ため口」を使い分けるもの。これが問題になることは少ないだろう。ここでいうため口は、親しい相手や部下、後輩などに対して使う「あの資料送ってくれない?」「頑張れよ」のような丁寧ではない表現のことだ。

 メールでも日常会話と同じ基準で、部下や後輩宛てにため口を使う人がいる。これが問題を引き起こす。ため口だと「ぶっきらぼうできつい表現だ」と部下や後輩に受け取られることがある。

 以下のメールAの文面を見てほしい。部下からの報告延期の申し出に対して、上司が一言「なんで?」と返している。

部下へのため口メールA
部下へのため口メールA
[画像のクリックで拡大表示]

 あなたが上司から「なんで?」という一言だけのメールを受け取ったらどう思うだろうか。自分の申し出に対してぶっきらぼうに突き返してきた印象を抱いたり、いくら何でもこの返し方は無いだろうと嫌な気持ちになったりするのではないか。

 上司にとってみれば忙しいので丁寧に返信するよりスピードを優先したのかもしれない。丁寧過ぎるメールは、書き手にとっても読み手にとっても時間がかかるので非効率的だ。生産性を上げるにはある程度手短に済ませる必要がある。

 だからといって、失礼でよいことにはならない。社内で共に働く部下や後輩に対しても礼儀や敬意は必要だ。ため口のメールではそれが感じられない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い