PR
全1333文字

 高知県は富士通と組み、ビニールハウスで育てるナスやキュウリといった農作物の3週間後までの収穫量を気象データからAI(人工知能)で予測するシステムを開発、2019年3月に運用を始めた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い