全2119文字
PR

 トヨタ自動車は2019年5月17日、新型の高性能スポーツ車「スープラ」を日本で発売した(図1)。5代目に当たる新型車は、2002年に生産終了した4代目から17年ぶりの復活となる。

 自動車の在り方が大きく変わろうとしている昨今において、スポーツ車を販売することについて、トヨタは次の車づくりに必要なことと捉える。トヨタの副社長でGAZOO Racing Companyのプレジデントを務める友山茂樹氏は「より安全性能が高い車を開発するためには、スポーツカーの開発が大きく貢献できる」と述べる(図2)。

図1 新型「スープラ」の最上位モデル「RZ」
図1 新型「スープラ」の最上位モデル「RZ」
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 スープラを発表するトヨタの副社長でGAZOO Racing Companyのプレジデントを務める友山茂樹氏
図2 スープラを発表するトヨタの副社長でGAZOO Racing Companyのプレジデントを務める友山茂樹氏
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本では3つのグレードを用意、3Lの直列6気筒ツインスクロール・ターボチャージャー・エンジンを搭載した最上位の「RZ」の他に、2Lの直列4気筒ツインスクロール・ターボチャージャー・エンジンを搭載した高性能版の「SZ-R」と通常版の「SZ」がある。いずれも、駆動方式はFR(前部エンジン・後輪駆動)。変速機は8速AT(自動変速機)を採用した。オーストリアのマグナ・シュタイヤーのグラーツ工場で生産する。

 価格(税込み)は、RZが690万円、SZ-Rが590万円、SZが490万円。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料