全2996文字
PR

 一般に、リスクを低減するために、「マルチソース」と呼ばれる手法が取られる。簡単にいうと、生産場所や調達先の分散化だ。日本と中国で分けて生産する。あるいは、日本と中国の両方から調達する。そうすれば、どちらかに万が一の事態が生じても、何とか乗り切ることができる。しかし、東日本大震災を受けて実施したアンケートでは、あまりに実もふたもない意見が集まった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料