全3560文字
PR

推定企業価値140億ドル(約1兆5333億円)。世界に18社しかない「デカコーン」の1つであるグラブは「配車サービス」だけの存在ではない。電子決済、少額融資、保険、物流、レストラン--。グラブは東南アジアの人々の生活を幅広く支えている。IT活用で中国が日本を追い越したのは周知の事実だろう。しかしグラブを擁する東南アジアも、既に日本の先を走る。その事実を日本人はあまりに知らない。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する