全0文字
PR

 米アップル(Apple)の開発者イベント「WWDC 2019」で筆者が注目したのは、デバイスやOS、アプリの分離・分割が進んだことだ。iPadOSがiOSから独立し、iTunesが3つに分割され、Apple WatchにApp Storeが搭載されることなどが発表された。これはある意味、従来のアップルの強みが失われてきたことの表れともいえ、同社の苦悩ぶりが表れているとも言えそうだ。

iOSから独立しパソコン化が進んだ「iPadOS」

 2019年6月3日(米国時間)、今年もWWDCが開催された。同日の基調講演ではiPhoneだけでなく、iPadやApple Watch、そしてMacなどに関連した多岐にわたる発表があった。中でも筆者は様々なプロダクトの「分離」が進んでいることが気になった。

 そのことを象徴しているのが「iPadOS」の登場である。これは要するにiPad専用のiOSなのだが、iPadOSという別の名称が付けられたことで、実質的にiOSから独立し、今後はiPad独自の進化を遂げていくことになるようだ。

 また発表内容を見るに、進化の方向性も明確なようだ。一言で表すならば「iPadのパソコン化」ということになるだろう。それは「ファイル」アプリを見れば分かりやすい。macOS風のカラム表示を採用、深い階層のフォルダーにアクセスしやすくなったほか、外部のファイルサーバーやUSBストレージ、SDカードのファイルも扱えるようになっている。

iPadOSはファイルの扱い方がよりパソコンに近い形となり、USBストレージやSDカードなども使えるようになった
iPadOSはファイルの扱い方がよりパソコンに近い形となり、USBストレージやSDカードなども使えるようになった
(出所:アップル、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 それ以外の変更点を見ても、やはりパソコンらしい進化を遂げていると分かる。Webブラウザーの「Safari」は、ダウンロードマネージャーやキーボードショートカットが利用できるようになっているし、複数のアプリを同時に表示できる「Split View」でも、従来異なるアプリしか同時起動できなかったのが、同じアプリの画面を複数起動できるようになった。

 アップルは「iPad Pro」シリーズを投入して以降、iPadを価格競争が激しいコンシューマー向けのコンテンツビューアーから、米マイクロソフト(Microsoft)の「Surface」などに対抗できる、高付加価値のビジネスタブレットへの移行を模索してきた。そうしたことからiPad向けのiOSを、従来のiOSから独立させるという今回の措置によって、アップルがiPadのビジネスタブレット化を推し進める姿勢がより鮮明になったといえるだろう。