全2903文字
PR

ドメイン名はツリー構造になっている

 ではIPアドレスの代わりに使えるドメイン名とは、どのようなものだろうか。ドメイン名が持つ意味やそれを管理する方法を見てみよう。

 ドメイン名は、IPアドレスのようにネットワーク内で唯一の名前になっている。ピリオドで区切られたそれぞれの文字列はラベルと呼ばれ、63文字以内でなければならない。さらに、ドメイン名全体の長さは255文字以内である。また、ドメイン名は厳密にはサーバー(ホスト)単体を指すのではなく、ドメインという範囲を指すものである。

 具体的にいうと、一番大きなドメインはインターネット全体を指すルートドメインである。このルートドメインに、地域や組織ごとの子ドメイン(サブドメイン)がある。例えば、日本を表すサブドメインはjpである。

 jpドメインは、次に組織の種類によって分割される。商業組織なら「co」、ネットワークサービスを提供するなら「ne」、教育機関なら「ac」などだ。さらに、企業や組織、サービスなどによってドメインが分割されていく。

 最終的に、あるドメインに属するサーバーに名前を付ける。そのサーバーのドメイン名は、何層にもなったドメインの名前を、ルートから順に右から並べてピリオドを区切ったものである。

ツリー構造を持つドメイン名空間
ツリー構造を持つドメイン名空間
[画像のクリックで拡大表示]

 「tech.nikkeibp.co.jp」を例にとると、jpドメインにあるcoドメインのnikkeibpドメインのtechという名前のWebサーバーを指す。

 インターネットにあるすべてのドメイン名を集めると、図のように木をひっくり返したようなツリー構造になる。これをドメイン名空間やドメイン名前空間という。

国を表すccTLDと属性を表すgTLD

 ルートのすぐ下にある第1レベルドメイン(TLD)には、日本の「jp」やイギリスの「uk」、ドイツの「de」といった国や地域を表すccTLDと、商業組織の「com」やネットワークサービスの「net」、教育機関の「edu」といった属性を表すgTLDがある。

 その下の第2レベルドメイン(SLD)は、TLDがccTLDの場合、企業や組織の種類を表す「co」や「ne」「ac」などが入ることが多い。これは、gTLDと同じ属性をSLDに持たせたものである。ただしTLDがccTLDの場合でも、SLDに企業や組織、サービスの名前が入ることがある。例えば「nikkeibp.jp」などだ。

 一方gTLDの場合は、SLDに企業や組織、サービスの名前が入る。

記述を省かない完全修飾ドメイン名

 ドメイン名をTLDまで省略せずに記述したものを完全修飾ドメイン名もしくはFQDN(Fully Qualified Domain Name)と呼ぶ。

 ドメイン名は、ファイルパスのように相対表現が可能である。例えば、「www.nikkeibp.co.jp」は、nikkeibp.co.jpを前提に話をすれば「www」といえる。

 しかし、相対的な表現はWebブラウザーのアドレス欄の入力には使えない。「www」だけだと、yahoo.co.jpを前提にしていれば「www.yahoo.co.jp」を指してしまう。こうしたトラブルを避けるために、完全修飾ドメイン名を使う。