全4553文字

出世したい?

井野辺 でも出世しないのもなあ…。

Biki 出世して何をしたい?

井野辺 え?

Biki 出世して肩書が上がれば、使える予算が大きくなったり、チームを率いることができたりするのだけど、大事なのは「出世したら何をしたいか」といいうことです。

井野辺 肩書のためではなく、自分がしたいことを実現するため、ということですね。うーん、何がしたいかはまだぼんやりしているなあ。

Biki 会社での肩書だから、単に「何を自分はやりたいか」だけでは意味がない。会社勤めをしていた時代の私のキャッチフレーズは「自分と会社と世界のために」でした。そして、「(世界の)人々のため」をいつも考えて、あれこれ「自分がやりたいこと」、かつ「会社のため」にもなるということをやってきたつもりです。あくまで「つもり」ね…。そのときに大事なのが先ほど言った「揺るぎないモノサシ」。

井野辺 それをやるために会社での肩書や立場が必要だということですね。

Biki そう。だから単に「出世したい」ということでは、役職が得られたとしても、「はい、それまでよ」になってしまう。残念ながらそういう人も多い。

井野辺 思い当たるなあ。

評価ではない評判を作る

Biki だから、若い時は特に「どうすれば出世するか」なんて考えずに、「ワクワクする自分がやりたいこと」で「会社と世界のため」になることにエネルギーを注ぐことをお勧めします。その時の上司がちゃんと評価してくれなくても、実は結構、他の部署から見られているものです。そして短期的な評価でなくて「評判」を作る。

井野辺 え?他の部署の偉い方が見ているっていうことですか?

Biki そう。他の部署だけではなく、直属の上司の上司とかも。

井野辺 じゃ、ボクの場合はあの部長とかも見ているってことか…。実感ないなあ。

Biki 見ているというのは正確ではないかもしれないけれど、人間は噂話が好きだから評判は広がるもの。特に何か新しいプロジェクトとかを始めるときに「誰かいない?」という話がきっかけになって評判が立つことも多い。

井野辺 そういう感じで評判は広がっていくのですね。でも悪い評価を付ける上司がいると評判も悪くなっちゃうのではないかなあ…。

Biki だから点数評価以外で知られるようにすることが大事。そのためにも「自分の揺るぎないモノサシ」を持って、連載第1回で話した「言われた仕事の先の仕事」もやっちゃう日々が大事です。上司が小さい人間だと点数で評価されないけどね。

井野辺 評価されずに我慢できるかなあ…。あるかどうか分からない評判に懸けるということでしょ?

Biki そう。そのために会社での通常の「評価項目」以外の「自分のモノサシ用の評価」を自分で作って、自分で毎期評価してみることをお勧めします。自分がやりたい方向に進んでいるのか、どのくらい「言われてない仕事」をやれたのか、といった目標を毎期立てて期末に自分で評価してみる。会社や仕事以外の活動や挑戦の項目も入れていい。

井野辺 なるほど。いいかも。

Biki そして、できなかったときは、その失敗を生かして、「次はどうするか」という自分がワクワクする次の目標を立てられたら、それでいい。次の目標を建てられた自分を自分で褒めよう

井野辺 いいと思ったけれど、なんか変な気もしてきたな…。