全4553文字

報われなくても楽しい人生

Biki ところで、新しいコトに挑戦する人は、いろいろ任されることが増えるけど、短期的には結果を出しにくい。挑戦する態度を評価されたとしても業績にはなかなか直結しないので、ボーナスなどの形ではなかなか報われない。

 もし、その人が挑戦したおかげであるプロジェクトが生まれて、かなり時間がたってから成功して大きな事業になっても、成功した事業の場合はその過程でたくさんのメンバーが参画するので、成功した暁には「あれは俺がやった」と言い出す人が何十人も出てきて、最初に挑戦した人は日の目を見ないまま終わることも多い。逆に挑戦したプロジェクトが失敗すると、参画するメンバー増えないから「あの失敗は(特定の)こいつがやった」と、ずっと後ろ指を指されることになる。

井野辺 えー、やっぱりそうなんですか。なんか悲しいなあ。

Biki いや、そんなことはないよ。立ち上げの時期のことを知っている仲間で「よくやったよな、俺たち」って言って飲むのは最高だよ。

井野辺 それでいいと…。

Biki いいかどうかは個人個人の考えだけど、そうやって短期的評価は気にせずに、自分の揺るぎないモノサシを持ち、楽しく挑戦し続けるサラリーマン人生って結構いいものだったよ(と微笑みながら遠くを見る)。私が新規事業部門のリーダーだったときに「どうして私の評価は低いのですか」と言ってくるメンバーが何人かいて、その都度「評価なんか気にするやつは新規事業に向いていないから、元の部門に戻りたかったら戻っていいよ」と…。

井野辺 えー!そんなこと言っていたのですか!?

Biki と、本気で言いたかったけど、部下に「殿!(とは本当には呼ばれてはいないけど) それだけはやめてください!」と止められていました。申し訳ございませんでした。

[♪エンディングの音楽♪]

瀬川秀樹のミニ解説

・出世やボーナスが気になるなら、他の会社の同年代と比べてみよう
・狭い社内で比較ばかりしていると人間も小さくなり嫉妬に塗れる
・短期間の評価は気にせず自分のモノサシでやりたいことをやれば評判が立って世界が開ける
・自分と会社と世界のために挑戦するサラリーマン人生は楽しい!

※このコラムはフィクションであり、実在する会社・社員とは関係ありません