全1780文字
PR

 トヨタ自動車が部分改良を施し、2019年5月13日に発売した高級車ブランド「レクサス」の新型高級スポーツカー「RC F」では、「高い限界走行性能」と「意のままに操る喜び」の実現を目指した(図1)。そして、意のままに操る喜びを追求するために意識したのが、運転者の操作に対してクルマをリニアに反応させることである。新型RC Fではそのための1つのアプローチとして、外装部品で採用している整流フィン「エアロスタビライジングフィン」をレクサスで初めて吸気系に適用した。

図1 左は新型高級スポーツカー「RC F」のベースモデル
[画像のクリックで拡大表示]
図1 右は新型高級スポーツカー「RC F」のサーキット走行を最優先に考えたグレード「パフォーマンスパッケージ」
[画像のクリックで拡大表示]
図1 トヨタが部分改良を施し、2019年5月に発売したレクサスブランドの新型高級スポーツカー「RC F」
左が「カーボンエクステリアパッケージ」、右がサーキット走行を最優先に考えたグレード「パフォーマンスパッケージ」。(撮影:日経 xTECH)

 今回の部分改良で整流フィンを適用したのは、エアクリーナーである(図2)。エアクリーナーは、吸気系に外気を取り込むインレットダクト(ラジエーターサポートの上部に配置)とエンジンのインテークマニホールドの間に配置する部品(図3)。空気に含まれた砂やちり、ほこりなどの異物を除去する役割を担う。エアクリーナーから出た空気は、エアクリーナーホースを介してインテークマニホールドへと導かれる。

図2 整流フィンを適用した新型RC Fのエアクリーナー
図2 整流フィンを適用した新型RC Fのエアクリーナー
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 新型RC Fのエアクリーナーと周辺部品
図3 新型RC Fのエアクリーナーと周辺部品
外気を取り込みインレッドダクトが上流側に、エアクリーナーホースが下流側に接続される。図の下が車両の前方向、左が車両の右方向。(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]