全1539文字
PR

 デンマークの首都コペンハーゲンから南西に約35km行った場所に、人口6万人余りのKøge(ケーエ)市がある。市の北部で2019年6月、Køge NORD STATION (ケーエ北駅)がオープンした。高速鉄道と首都圏近郊鉄道、高速道路をまたぐように建つ、全長225mの歩道橋と一体になったユニークな駅舎だ。

デンマークのケーエ市北部でオープンした「ケーエ北駅」外観。7本のコンクリート橋脚が約1000トンの歩道橋を支える(写真:武藤 聖一)
デンマークのケーエ市北部でオープンした「ケーエ北駅」外観。7本のコンクリート橋脚が約1000トンの歩道橋を支える(写真:武藤 聖一)
[画像のクリックで拡大表示]

 ケーエ北駅は首都圏のハブ駅になることを目指してつくられた。デンマークでは以前、コペンハーゲンなど複数の大都市を高速鉄道で結ぶ計画を政策で掲げていた。同駅が接続する高速鉄道はコペンハーゲンと、リングステズという街を結ぶ新線だ。もう1つ接続するのが、Sトレイン(デンマーク語でS-tog、エストー)と呼ばれる首都圏近郊鉄道。市民の通勤などに使われている。その他、同国内で最も交通量が多いケーエ湾岸高速自動車道が、駅舎の下を走る。

プラットホームに首都圏近郊鉄道のSトレイン、コペンハーゲン行きが入ってきた(写真:武藤 聖一)
プラットホームに首都圏近郊鉄道のSトレイン、コペンハーゲン行きが入ってきた(写真:武藤 聖一)
[画像のクリックで拡大表示]
コペンハーゲンと、リングステズという都市を結ぶ高速鉄道のプラットホーム(写真:武藤 聖一)
コペンハーゲンと、リングステズという都市を結ぶ高速鉄道のプラットホーム(写真:武藤 聖一)
[画像のクリックで拡大表示]

 駅舎のデザインは、コペンハーゲンに拠点を置く設計事務所COBE(コーベ)と、DISSING+WEITLING Architecture(ディシング・ウエイトリング・アーキテクチュア)が共同で手掛けた。

駅舎西端の開口部から外の駐車場を見下ろす(写真:武藤 聖一)
駅舎西端の開口部から外の駐車場を見下ろす(写真:武藤 聖一)
[画像のクリックで拡大表示]
まだ工事が続いていた駅舎の東端。開口部を住宅街の道路から見上げる(写真:武藤 聖一)
まだ工事が続いていた駅舎の東端。開口部を住宅街の道路から見上げる(写真:武藤 聖一)
[画像のクリックで拡大表示]
蛇行する歩道橋一体型駅舎。東端を北側から見上げる(写真:武藤 聖一)
蛇行する歩道橋一体型駅舎。東端を北側から見上げる(写真:武藤 聖一)
[画像のクリックで拡大表示]