全808文字
PR

 繁忙期と閑散期との工事量の差を調整し、年間を通して発注する工事量を安定させること。公共工事は一般に年度ごとの予算に従って執行し、予算の成立後に入札・契約の手続きを行う。このため、4月から6月にかけての年度当初は工事量が少なく、年度末に工事の完成時期が集中しやすい。月ごとの工事量を出来高ベースで見ると、例えば繁忙期と閑散期の差が1.8倍近くに上っていた年度もある。限られた人材や資機材の活用といった観点からも、年度内の工事量の偏りを解消することは重要だ。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

『アカン!DX』

『アカン!DX』

日本企業と行政のDXの隠れた大問題を見える化!

DXブームは既に腐り始めている――。人気コラム「極言暴論」「極言正論」の筆者が、日本企業や行政のDXの問題点をずばり指摘する。経営者から技術者までDXに取り組むすべての人の必読書!

書籍『アカン!DX』の詳細はこちら

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中