全1008文字
PR

 ICTやAIを活用して観光地の渋滞対策に取り組む地域。国土交通省が2017年9月に神奈川県鎌倉市と京都市の二つを実証実験の対象地域として選定した。ICTによって人や車の動向を把握する。国交省の調査によれば、主要な渋滞箇所のうち、観光に関連する交通によって発生する箇所が約2割を占めており、日本人観光客の4~5割が渋滞や駐車場の不足に不満を抱いているという。これまでも幅の広い路肩に専用のレーンを設けて交通を分離したり、駐車場に事前予約システムを採用するなど観光地の渋滞対策に取り組んできたが、観光地の周辺で広域的に発生する渋滞を解消し、より円滑な移動が可能になるよう、ICTやAIなどの技術を活用する。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

『アカン!DX』

『アカン!DX』

日本企業と行政のDXの隠れた大問題を見える化!

DXブームは既に腐り始めている――。人気コラム「極言暴論」「極言正論」の筆者が、日本企業や行政のDXの問題点をずばり指摘する。経営者から技術者までDXに取り組むすべての人の必読書!

書籍『アカン!DX』の詳細はこちら

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中