全989文字
PR

 都市部への人口集中や地球温暖化による気候変動などを背景として2014年7月に施行した水循環基本法に基づき、水循環に関する基本的な方針や施策、施策を推進するために必要な事項を示した。「水循環」とは水が蒸発や降下、流下または浸透によって海域などに至る過程で、地表水や地下水として河川の流域を中心に循環することと定めている。15年度からの5年間を対象とし、15年7月に閣議決定した。「流域における総合的かつ一体的な管理」などの基本的な方針を踏まえ、政府は流域連携の推進や貯留・涵養機能の維持と向上、水の適正かつ有効な利用の促進などの施策を講じる。例えば防災・減災対策では、保水や遊水の機能を確保。緑地の保全と活用も進める。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

『アカン!DX』

『アカン!DX』

日本企業と行政のDXの隠れた大問題を見える化!

DXブームは既に腐り始めている――。人気コラム「極言暴論」「極言正論」の筆者が、日本企業や行政のDXの問題点をずばり指摘する。経営者から技術者までDXに取り組むすべての人の必読書!

書籍『アカン!DX』の詳細はこちら

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中