全1142文字
PR

 豪雨などに伴う土砂災害は、国土交通省が集計を始めた1982年から2018年までの平均で年1015件に達している。18年は西日本豪雨や北海道胆振東部地震の影響で急増し、過去最多の3459件を記録した。なかでも西日本豪雨では、土砂災害による死者の約9割が土砂災害警戒区域などの危険性の高い「イエローゾーン」などで被災。避難の途中で被災した例も多かったことから、実効性のある避難を確保するために取り組むべき施策について国交省は18年10月、中間とりまとめとして公表した。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

『アカン!DX』

『アカン!DX』

日本企業と行政のDXの隠れた大問題を見える化!

DXブームは既に腐り始めている――。人気コラム「極言暴論」「極言正論」の筆者が、日本企業や行政のDXの問題点をずばり指摘する。経営者から技術者までDXに取り組むすべての人の必読書!

書籍『アカン!DX』の詳細はこちら

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中