全4153文字
PR

 Pythonが目立ち始めたのは比較的最近だが、実はその歴史はJavaよりも長い。誕生は1991年。Pythonのオリジナル開発者であるグイド・ヴァン・ロッサム氏がこの年に最初のバージョンとなる「0.90」のソースコードを公開した。最初の正式版となるPython 1.0は1994年にリリースされた。Javaのバージョン1.0がリリースされたのは1996年である。

図 Pythonの履歴書
図 Pythonの履歴書
言語としてはJavaより古い
[画像のクリックで拡大表示]

 現在のPythonはオープンソースのプロジェクトとして開発コミュニティーの手によって開発が進められている。非営利団体のPythonソフトウエア財団がプログラムの知的財産権を管理し、コミュニティーによる開発を支援している。特定の企業などに囲い込まれたり、急に使えなくなったりする恐れが少ないのも人気の一因だ。

 先進的なプログラマーは注目していたものの基幹系などには浸透しなかったPythonだが、AIに使われることで誕生から四半世紀を経てその人気が爆発したわけだ。

大学も相次ぎ必修化

 Python人気は日本のユーザー企業やITベンダー、スタートアップ、教育機関などにも広がっている。

図 日本の主なPython活用事例
スタートアップが先行、大企業やITベンダーも熱視線
図 日本の主なPython活用事例
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]