全2733文字

 新規事業を成功させることは至難の業だ。しかし、幸いにして新規事業が成長し、一定のめどが付いた場合に、経営トップは一層難しい経営判断に迫られる。それは新規事業をこのまま中に留めるのか否かという判断である。NC(数値計算)装置事業を開発した富士通社内でもその将来を巡って深刻な議論が展開された。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料