全740文字
PR

不具合対応は不可欠

 「紹介に値する」と建て主が判断する要因は、建築の依頼先にかかわらず、「不具合やトラブルへの対応」(73.8%)が最も多かった〔図2〕。注目に値するのが「定期点検」の回答だ。ハウスメーカーの場合は比率が69.3%と7割近くに上ったのに対し、工務店の場合は45.3%と5割を切った。この差が紹介に前向きか否かの差となったと考えられる。

〔図2〕建築依頼先のアフターサービスが紹介に値すると思った要因は何か(複数回答)
〔図2〕建築依頼先のアフターサービスが紹介に値すると思った要因は何か(複数回答)
ハウスメーカーに依頼した建て主と工務店に依頼した建て主で、定期点検に対する評価が分かれた(資料:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 「紹介に値しない」と判断した要因からも、その様子はうかがえる。最も大きい要因は「不具合やトラブルへの対応」(56.8%)で、「定期点検」(33.6%)が続いた〔図3〕。

〔図3〕建築依頼先のアフターサービスが紹介に値しないと思った要因は何か(複数回答)
〔図3〕建築依頼先のアフターサービスが紹介に値しないと思った要因は何か(複数回答)
「不具合やトラブルへの対応」は、紹介する際の重要な要因となるようだ。対応が悪いと「紹介に値しない」と判断。依頼先によらず、重要なポイントだ(資料:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 次ページの「ちょっと言わせて」の欄でも、不具合やトラブルへの対応、定期点検に関する建て主からの意見が目立った。

 満足した人からは、「台風の通過中にもかかわらず、すぐに来てくれて応急修理をしてくれた」「定期的に状況をヒアリングしてくれる」といった声が上がった。

 他方、不満点については、「設備が故障したので問い合わせたところ、『自分でメーカーに連絡してくれ』と言われた」といったコメントも寄せられていた。