PR
全2333文字

「テクノロジー活用の本質」をテーマに、日本を代表するCIO(最高情報責任者)やCDO(最高デジタル責任者)、有識者など約40人が議論した。日経 xTECHが2019年6月18日に都内で開催した「ITイノベーターズ会議」で飛び出した発言を紹介しよう。

 デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現する際、AI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)といった新しい技術を活用するケースが増えている。ここで注意すべきは「目的志向が重要」ということだ。ITイノベーターズ会議では「AIやIoT、ビッグデータといったバスワードに惑わされてはいけない」という発言が多く出た。

AIやIoTの活用はたまたま、目指すは唯一無二の商業施設

――パルコ 執行役 グループデジタル推進室担当 林 直孝 氏

 パルコは2019年11月、東京・渋谷の旗艦店「渋谷パルコ」をリニューアルオープンする。館内では多くの最新テクノロジーを活用する。AIやIoTを使って顧客の購買行動を分析したり、ネット通販を併用する売り場「CUBE(仮称)」を設置したりする予定だ。

パルコの林直孝執行役グループデジタル推進室担当
パルコの林直孝執行役グループデジタル推進室担当
(写真:井上 裕康)
[画像のクリックで拡大表示]

 パルコの林直孝執行役グループデジタル推進室担当は、6月18日に発表したプレスリリースのタイトルにある「唯一無二の次世代型商業施設」という表現が、渋谷パルコのキーワードであると説明する。

 「渋谷パルコに行かないと味わえない、ネットよりも楽しい出合いを得られる仕掛けをちりばめている」。林氏は渋谷パルコの目指した価値をこう話す。「100人来て100人とも楽しいというのはあまり追い求めていない。ある人にとってはすごく楽しい唯一無二かもしれないが、別の人には全く響かない唯一無二かもしれない」。

 そうしたとがった商業施設の実現を目指し、目的志向で技術を模索した。「重要なのはAIやIoTを用いることではない」。林氏はこう言い切る。技術は「顧客が何かと出合う」という目的を実現するための手段にすぎない。「AIやIoTを用いるのはたまたま」と言う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い