全1379文字

 ロボットが建築をつくる時代の先駆けとして、竹中司氏は、職人技をデジタル情報に置き換える形で、ロボットの技能育成に取り組んでいる。

 2005年、教壇に立っていたカナダのブリティッシュコロンビア大学で3D(3次元)プリンターに出合い、「画面の中のものが、手に取れるようになった。時代が変わる」と感動を覚えた。「設計の概念を拡張し、次世代の道具を使って建築を変えていこう」と09年にアンズスタジオを設立。人間の脳の働きを拡張したアルゴリズム(手順の定式化)や最適化を用いて設計する方法論をコンピュテーショナルデザインと名付け、デザインエンジニアとして活動を始めた。

アンズスタジオとアットロボティクス両社の代表取締役である竹中司氏(写真:日経アーキテクチュア)
アンズスタジオとアットロボティクス両社の代表取締役である竹中司氏(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 多くの建築家と協働し、複雑な情報を形態化してきた。その代表作の1つが岩手県釜石市の「釜石市民ホール」(2017年完成、設計:aat+ヨコミゾマコト建築設計事務所)だ。

 ホールの中に、どのような反響板があれば良い音環境になるかを、アンズスタジオで解析して形状を求めていった。音の動きを解析できる技術が生み出す、これまでにない空間形状への挑戦だ。

釜石市民ホールでは、舞台から発生した音がどのように反響するかを、竹中氏が作成した音響最適化プログラムを用いてシミュレーションした。赤い部分に反響音が集中するため、全体に青くなるような形状を求めた(資料:アンズスタジオ)
釜石市民ホールでは、舞台から発生した音がどのように反響するかを、竹中氏が作成した音響最適化プログラムを用いてシミュレーションした。赤い部分に反響音が集中するため、全体に青くなるような形状を求めた(資料:アンズスタジオ)
[画像のクリックで拡大表示]
シミュレーションを繰り返すことによって見いだした最適な形状は、曲面を多用することだった(写真:アンズスタジオ)
シミュレーションを繰り返すことによって見いだした最適な形状は、曲面を多用することだった(写真:アンズスタジオ)
[画像のクリックで拡大表示]