全2183文字

 「ロボットの導入検討から稼働開始までの期間を、今の6カ月から半分の3カ月に縮められる」――。新たに産業用ロボットのシステムインテグレーション(ロボットSI)事業に参入したNECは、競合との差異化についてこう自信を見せる。

 現在は、目的や周辺環境に合わせてロボットシステムを作り込んでいることが多い。それだと、最適なロボットシステムは得られるが、どうしても時間やコストがかかる。それは、ロボット活用がなかなか進まない原因でもあったし、ロボットSI事業の利益率が低くなりがちな原因でもあった。

 NECは、そのような現状に一石を投じようとしている。ロボットシステムを都度一から構築するのではなく、ロボットシステムを構成する標準的なモジュールを事前に用意しておき、目的や周辺環境に合わせてモジュールを組み合わせることで多様な要求に対応するという発想である。

 同社が2019年2月に提供を開始した「ロボット導入トータルサポートパッケージ」は、そうした発想に基づいている。同パッケージは、(1)導入コンサルティングや自動化ライン設計などのサービス、(2)ロボットやハンド、センサーなどロボットシステムの構成要素、(3)稼働状況管理システム、から成る。

「ロボット導入トータルサポートパッケージ」を適用したロボット自動化ラインのデモンストレーション。(写真:加藤 康)
「ロボット導入トータルサポートパッケージ」を適用したロボット自動化ラインのデモンストレーション。(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 メインターゲットは、電機メーカーや精密機器メーカー、およびそのサプライヤーなど。工場の組み立てラインへの導入を想定している。具体的には、「ねじ締め」「樹脂塗布」「圧着」「外観検査」といった工程が対象である。