全1559文字
PR

 「天城越えは無理なのではないか」。エンタープライズ・クラウド・カンパニーを称する米ニュータニックスの創業者、ディラージ・パンディ会長兼CEO(最高経営責任者)に水を向けた。すると同CEOは笑みを浮かべて「我々は天城の山に雪を降らせる」と応じた。

 のっけから禅問答のようで恐縮だが「天城」は「AMAGI」のことで米アマゾン・ウェブ・サービス、米マイクロソフト、中国アリババグループ、米グーグル、米IBMを指す。米ガートナーが2019年8月に発表した、2018年のIaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)のシェア順だ。上位5社で77%を占める寡占状態であり、ニュータニックスが割って入るのは困難では、というのが筆者の問いだった。

 これに対してパンディCEOは白い雪、つまりNutanix Enterprise Cloud OSなど同社製ソフトを5社のパブリッククラウドで使えるベアメタルサーバー上に「降らせる(展開する)」と答えた。こうすることで5社のクラウドというパプリックな環境と、同社製ソフトを搭載したアプライアンスというプライベートな環境を、一元的に利用・管理できる。こうしたハイブリッド&マルチクラウド環境を顧客に提供することがニュータニックスの使命だと語ったわけだ。

 2009年創業のニュータニックスが手掛ける製品は、ガートナーや米IDCの分類で「ハイパー・コンバージド・インフラストラクチャー(HCI)」に入る。ガートナーによるHCIの定義は「スケールアウト型ソフトウエアで統合管理されたインフラストラクチャー。標準的なハードウエア上にコンピューティングやネットワーク、ストレージを包含したノードを水平分散ビルディングブロック方式で展開する」だ。