全788文字
PR

 日本経済新聞によると世界の主要4500社の2020年4~6月期業績は売上高が前年同期比15%減であり、1~3月期の同5%減より落ち込んだ。最終利益も同65%減だが、半導体やITセクターは増益だという。そこで総合ITベンダー世界8社を採り上げ検証した。

表 主要総合ITベンダーのIT業績開示状況比較
後退目立つ国産3社、IBMとHPEは優等生
表 主要総合ITベンダーのIT業績開示状況比較
[画像のクリックで拡大表示]

 8社の4~6月期IT総売上高は前年同期比6%減で、1~3月期の同3%減より減収幅は大きい。しかし全業種ほどではない。また営業利益は同16%減、最終利益は同20%減に留まる。IT業界の増益はクラウドやソフトなどの専業ベンダーによるところが大だ。