全1059文字
PR

 新型コロナウイルス感染症によるパンデミックがあってもIT大手は強かった。本欄で継続してウオッチするIT大手のうち15社を選び、6セグメントに分けて売上高の推移を調べ直し、結果をまとめたグラフを見た感想である(通常は17社4事業分野で調査、結果は前号の本欄を参照)。

図 セグメント別の売上高伸び率(前年同期比)推移
図 セグメント別の売上高伸び率(前年同期比)推移
2020年第2四半期(4~6月)を底に回復へ
[画像のクリックで拡大表示]

 直近の2021年4~6月期について6セグメントの売上高伸び率(対前年同期)を高い順に並べると、IaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)系クラウドが43.8%増、SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)系クラウドが23.3%増、サービスが13.3%増、サーバーが10.7%増、ソフトウエアが5.2%増、ストレージが0.9%増とすべて伸びた(グラフの右端)。