全939文字
PR

 企業向けIT世界大手18社の2022年度第2四半期(4~6月)の決算が出そろった。18社のデータセンター(サーバー、ストレージ、ネットワーク機器)、ソフトウエア、サービス、パブリッククラウド4分野の売上高合計は1647億4700万ドル(約22兆2240億円)で前年同期を15.2%上回り、5四半期連続の2桁成長となった。

 本調査によるとコロナ禍が始まった2019年、続く2020年の8四半期は全て1桁成長に留まった。2021年第1四半期に9.9%増と持ち直し、そこから16.1%、16.0%、16.0%と3四半期連続で成長を維持した。しかし、2022年に入ると第1四半期(1~3月)は15.4%増と前四半期の伸び率を0.6ポイント下回り、4~6月期はさらに0.2ポイント落ちた。欧米のインフレやロシア・ウクライナ戦争の影響とみられる。

表 大手19社の2022年第1四半期(1~3月)の事業分野別売上高
下降するソフトの伸び率、クラウドの影響か
表 大手19社の2022年第1四半期(1~3月)の事業分野別売上高
[画像のクリックで拡大表示]