全1116文字
PR

 日産自動車が大幅な部分改良を施し、2019年7月19日に発売した新型セダン「スカイライン」(図1)。ハイブリッド車(HEV)モデルに進化版の先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を搭載したことが、大きな目玉の1つである。高速道路上での、同一車線内の手放し(ハンズオフ)と車線変更支援を可能にしたことが、最大の機能進化点だ。高速道路限定だが、ナビゲーションに設定した目的地に向かうために車線変更が必要なときや、前方に遅い車両が存在するときに、システム側が車線変更するかどうかを問いかけてきて、それに対して運転者が承認ボタンを押すと、システム側が自動でターンシグナルを点滅させ車線変更を実施する(図2)。

図1 日産の新型セダン「スカイライン」のハイブリッド車(HEV)モデル
図1 日産の新型セダン「スカイライン」のハイブリッド車(HEV)モデル
進化版の先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を標準で搭載する。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 新型スカイラインのプロパイロット2.0によるハンズオフでの走行の様子
図2 新型スカイラインのプロパイロット2.0によるハンズオフでの走行の様子
試乗コースは、中央自動車道の河口湖インターチェンジと上野原インターチェンジの間。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型スカイラインのHEVモデルでは、この車線変更支援を使える条件として車速に制限を設けている。具体的には、約60km/h以上でなければ使えない。その理由を日産の電子技術・システム技術開発本部AD/ADAS先行技術開発部HMI開発グループ主管の寸田剛司氏に聞いた(図3)。

図3 日産の電子技術・システム技術開発本部AD/ADAS先行技術開発部HMI開発グループ主管の寸田剛司氏
図3 日産の電子技術・システム技術開発本部AD/ADAS先行技術開発部HMI開発グループ主管の寸田剛司氏
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 同氏によれば、同車では、後部バンパーの両隅に配したミリ波レーダ(サイドレーダー)ーで隣接する車線を後方から走行してくる車両を検知している。車速が低下するほど、後方から追い上げてくる車両との相対速度が大きくなる。すなわち、より遠く離れた後方の車両を検知する必要が出てくる。約60km/h未満は車線変更支援を行わないようにしたのは、後部バンパーの両隅に搭載しているミリ波レーダーの検出可能距離を考えてのことという(図4)。

図4 新型スカイラインの後部のミリ波レーダー(サイドレーダー)
図4 新型スカイラインの後部のミリ波レーダー(サイドレーダー)
(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]