PR
全4238文字

 スタート以来、日経 xTECHの名物コラムとなった「テクノ大喜利、ITの陣」。今回はその第10回だ。毎回、複数の識者に共通のお題(質問)を投げかけ、識者にはそれに答える形で論陣を張ってもらう。お題は日本企業のIT利活用の問題点やIT業界の構造問題、そして世間の耳目を集めたIT絡みの事件などだ。

 第10回のお題は「なぜ日本では『GAFA』が生まれないのか」。このお題に答える識者のトップバッターは、日経 xTECHのコラム「IT職場あるある」でおなじみの沢渡あまね氏だ。米国や中国のIT企業の攻勢を前にぼうぜんと立ち尽くす日本や日本企業に対して、沢渡氏は「IT技術者をあからさまに優遇し、ITオンチをあからさまに冷遇せよ」と説く。(編集部)

沢渡 あまね(さわたり あまね)
あまねキャリア工房 代表
沢渡 あまね(さわたり あまね) 1975年生まれ。業務改善・オフィスコミュニケーション改善士。IT運用エバンジェリスト。大手自動車会社、NTTデータ、大手製薬会社などを経て、2014年秋より現業。企業の業務プロセスやインターナルコミュニケーション改善の講演、アドバイス、執筆活動などを行っている。著書に『仕事ごっこ』『システムの問題地図』『マネージャーの問題地図』『職場の問題かるた』『職場の問題地図』『業務デザインの発想法』(技術評論社)など。
【質問1】世界を狙うITベンチャーが日本で生まれない理由は?
【回答】マインドセットも社会制度も「内向き」だから
【質問2】AIなど最先端技術で後れを取る日本、これでいいのか
【回答】よいわけがない。国のブランド戦略がない。IT産業や技術者を優遇しない社会構造も問題
【質問3】「GAFA」の時代、日本企業が生きる道は?
【回答】「仕事ごっこ」と「仕事ごっこ人材」を撲滅しないと本気でヤバい

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い