全4069文字
PR
【質問2】これまでを振り返ってどう思う? 失敗したと悔やむことは?
【回答】「僕はドトールみたいな会社から、スタバみたいな会社に移ったんだ」としみじみ思った

 転職については全く後悔していない。人間関係、仕事の楽しさ、やりがいなどすべての面で、転職後のほうが自分に合っていたからだ。ちなみに給料もかなり上がった。会社も社員も様々なので「絶対的に良い会社」なんてない。だが「合う合わない」は確かにあって、しばらく働けば分かる。

 転職して1カ月くらいたって「ああ、僕はドトールみたいな会社から、スタバみたいな会社に移ったんだ」としみじみ思ったことがある。前の会社はきっちりとスーツを来て、同僚にも敬語を使い、真面目な顔をして、安くてほどほどのサービスを提供していた。ところが、転職先では適当なチノパンをはいて、同僚をあだ名で呼び、研修中にボリボリお菓子を食べ、笑顔でお高いサービスを提供する。

 ドトールみたいな会社とスタバみたいな会社、どちらが良い悪いという話ではない。例えばサンドイッチはドトールのほうがおいしいと思う。でも、はっきり違う会社だし、僕には絶対に後者のほうが合っていた。

 こう書くと、転職後はバラ色だったように見えるかもしれないが、2回めの転職をしようかと真剣に悩んでいた時期もある。当時、会社がグローバルで買収されて経営方針が不透明だったし、人もたくさん辞めていた。私個人も自分が何になりたいのか分からず、「あー、アメリカのビジネススクルールでも受けようかな」なんて思っていた。もちろん、逃避でしかない。

 結局は「やはりこの会社でやりたいことがまだある」と踏みとどまったのだが、今から振り返ると、辞めなくて本当に良かった。私のキャリアが良い方向にどんどん転がるようになったのはこの後だったから。

 具体的には、辞めずに残ったことで、会社を生まれ変わらせる当事者になれた。恐らくどの会社に転職した場合よりも、エキサイティングな仕事だった。