全5062文字
PR

 日経 xTECHの名物コラム「テクノ大喜利」にIT版が登場した。「テクノ大喜利、ITの陣」と題して毎回、複数の識者に共通のお題(質問)を投げかけ、識者にはそれに答える形で論陣を張ってもらう。お題は日本企業のIT利活用の問題点やIT業界の構造問題、そして世間の耳目を集めたIT絡みの事件などだ。

 記念すべき第1回のお題は「日本企業の経営者がなぜこんなにITオンチなのか」。回答する識者のトップバッターは有賀貞一氏だ。野村総合研究所やCSK(現SCSK)、ミスミグループなどの役員を歴任した有賀氏は、歯にきぬ着せぬ“毒舌”で定評がある。今回のお題に対しても、日本の教育の問題点と絡めてバッサリと斬ってくれた。(編集部)

有賀 貞一(あるが ていいち)
AITコンサルティング 代表取締役
有賀 貞一(あるが ていいち) 1970 年に野村コンピュータシステム(現・野村総合研究所)入社、ニューヨーク駐在事務所長などを経て、1994年に常務取締役。1997年にCSK(現SCSK)入社、専務取締役に就任。金融システム事業本部長など歴任し、2005年にCSKホールディング代表取締役。2008年にミスミグループ本社代表取締役副社長。2011年に AITコンサルティング株式会社を設立し代表取締役に就任。現在、中央電力やアイリッジの取締役などを兼務。
【質問1】日本企業の経営者はなぜITオンチなのか
【回答】ロジカルネスの欠如とプロの経営者としての意識不足
【質問2】経営者がITオンチであることによって、どんな問題が生じているか
【回答】2025年の崖に直面する。しかも崖であることを分かっていないので始末が悪い
【質問3】経営者をITに目覚めさせる方策はあるのか
【回答】経営者としての資質を厳しく問う仕組み作りが必要