全4963文字
PR

 スタート以来、日経クロステックの名物コラムとなった「テクノ大喜利、ITの陣」。今回はその第30回だ。毎回、複数の識者に共通のお題(質問)を投げかけ、識者にはそれに答える形で論陣を張ってもらう。お題は日本企業のIT利活用の問題点やIT業界の構造問題、そして世間の耳目を集めたIT絡みの事件などだ。

 第30回のお題は「2021年展望、アフターコロナにおける『バッド』シナリオ」。今回は拡大版として8人の識者にテレワークやDX(デジタルトランスフォーメーション)の行く末について、あえて「意地悪く」展望してもらった。3番手に登場するのは、人材育成や変革プロジェクトのコンサルタントである白川克氏だ。テレワーク疲れの実態やDXという言葉に踊る愚かさなどを解き明かし、2021年になすべきことを説く。(編集部)

白川 克(しらかわ まさる)
ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ バイスプレジデント
白川 克(しらかわ まさる) 中堅ITベンダーでシステム開発を経験後、2000年ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズに入社。以来、IT投資計画策定、人事、会計、販売管理、顧客管理、ワークスタイル改革、全社戦略立案などのプロジェクトに参加。プロジェクトをやりながらリーダーを育成することと、ファシリテーションが武器。著書には『業務改革の教科書』(日本経済新聞出版社)、『リーダーが育つ変革プロジェクトの教科書』(日経BP)などがある。
【質問1】テレワーク疲れのサラリーマン続出、新常態は定着するか
【回答】組織に蓄積される違和感と不満、「テレワーク疲れ」は確かにあるが……
【質問2】世間は空前のDXバブル? 破裂する可能性はあるか
【回答】バブル破裂はバッドシナリオにあらず、「DX」というラベルが剥がされるだけ
【質問3】行政のDXの行方は菅政権の求心力次第か
【回答】変革はミドルアップのほうが成功しやすいが、行政のDXはトップダウンしかない