音声合成技術の用途が拡大している。音声が持つ力で製品やサービスの価値を高めようとする企業が増えているのだ。さらに、音声そのものや合成エンジンを流通させるプラットフォームビジネスも登場してきた。そのような状況を見据えて、音声の持ち主の権利を確立しようとする動きも出ている。