全3959文字
PR

第3位:Google Pixel 3a

 2019年5月17日に発売された「Google Pixel 3a」は、Googleが2018年11月に発売し、カメラ性能が高く評価された「Google Pixel 3」の実質的な廉価版。Pixel 3のSIMフリー版の発売当初の価格は9万5000円(税込み)だったが、Pixel 3aはその半額程度の4万8600円(同)で販売されている。

左がGoogle Pixel 3aで、右がGoogle Pixel 3
左がGoogle Pixel 3aで、右がGoogle Pixel 3
[画像のクリックで拡大表示]

 Pixel 3はSnapdragon 845を搭載するハイエンドモデルだが、Pixel 3aはSnapdragon 670を搭載するミドルレンジモデル。しかし、メインカメラはPixel 3と同じ1220万画素で、デュアルピクセルAFに対応。シングルレンズながら自然な背景ぼけが得られる「ポートレートモード」や、鮮明でシャープな画質が撮れる「夜景モード」を備えている。

ポートレートモードで撮影した作例
ポートレートモードで撮影した作例
[画像のクリックで拡大表示]
夜景モードで撮影した作例
夜景モードで撮影した作例
[画像のクリックで拡大表示]

 Pixel 3ではガラス製だった背面パネルがポリカーボネイト製に変更され、ワイヤレス充電と防水に非対応であるなど、Pixel 3から省かれた部分はあるが、基本的な使い勝手とカメラの撮影画質に大差はない。ディスプレーはPixel 3(5.5インチ)より、一回り大きい5.6インチになり、バッテリー容量は2915mAhから3000mAhに増えるなど、Pixel 3aのほうが勝る部分もある。

 Googleの純正スマホなので、OSがいち早くアップデートされる他、Googleアプリが最新で使いやすいという安心感もある。これらの要素を重視する人には最良の選択肢だ。